総合企画Div.|MANAGER

和久 義忠Yoshitada Waku

“採用は会社の未来を創る。”私たちと一緒に、最高の未来を創りましょう!

ー 子供の頃の夢は?

キャリアカウンセラー。

ー 座右の銘は?

Some people feel the rain. Others just get wet.(Bob Marley)

ー グッドニュースのどんなところが好きですか?

チャレンジできる環境があるところ。入社当時から意見を聞いてもらえる環境があり、2年目で執行役員として挑戦させてもらいました。採用担当にも志願して、沢山の学生さんと面接をして入社が決まったり、今まで全く取引のなかった業界の企業様とも一緒にお仕事をさせてもらったり、好奇心旺盛でチャレンジが好きな私にピッタリでした。あとは、居心地が良くてみんなが等身大の自分でいられるところです。

ー 思い入れのある求人メディアとその理由は?

キャリアマップ。私が入社した年、本格的にサービスが開始されました。父親が建設系の仕事をしていて、親戚や周りにも専門職として勤めている人も多かったので、専門職・技術職の未来を学校と一緒に創るというコンセプトに惹かれ、キャリアマップを多くの人に活用してもらいたいと思って入社しました。

お客様に想いを伝え、当時はまだ実績も無い中で大切なご予算を預けていただき、活用してもらいました。まだ世の中で多くの方が知らないものを選んでいだだき、初めて採用に繋がった時には「これからの専門職・技術職採用にとって、絶対に必要不可欠なサービスになる。」と強く実感しました。

ー 経営理念への想いを教えてください。

就職活動のときからワクワク働ける社会をつくりたいと思っていたとき、グッドニュースに出会いました。人生100年時代と言われ、働き方が多様になってきた今、ただ生活のためだけに働くのではなく、自分自身の生き様を表現するような働き方、仲間との新たなチャレンジや、お客様に喜んでいただくことに、もっと多くの人がイキイキと取り組むことができる社会を創っていきたいと考えています。

ー 入社の経緯と理由は?

初めて面接に来たときに理念に共感したこと、新規事業に可能性を感じたこと、社長の志に惹かれたことです。就職活動は本当に楽しくて、いくつかの会社から内定を頂いたのですが、「どの会社が一番面白いか」を考えたとき、当時7人だったグッドニュースがダントツで一番でした。


■ プロフィール

小中高は野球少年でした。大学に入学後、心理学を勉強し、学生カウンセラーのボランティアやイベント活動、シェアハウスの運営など沢山の人と出会い、楽しい日々を送りました。社会人になってからも、プライベートではゴルフや釣り、音楽フェスに行ったりと、友人にも恵まれ、おかげさまで人生を思いっきり満喫しています。

採用に関するご相談はこちら

社員紹介一覧へ戻る

CONTACT

サービス内容や取り扱いメディアについてなど、お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP